たぬきのためいきたちつてと

2017-05-22

朴の木/05.22 上日野


うす曇りの暑い日でした。で、なんか、昨日が二十四節気の小満でした。暑くて当然ですだ。それと、日の出が早くなり日没が遅くなってます。明るい時間がぐっと永くなりました。今日なんか19時過ぎまでパチリしてました。ネボスケたぬきには嬉しい時季です。ふんなで、上日野で今日パチしてきた朴の木(ホオノキ)です。 (^-^)


三葉空木/05.22 上日野


22日の第2弾は今日パチの三葉空木(ミツバウツギ)です。遅く目覚めたんですがスミレ会いたさにプチ遠出してきました。で、最初に出会ったのが三葉空木でした。じつは、この花、10日ほど前に撮っています。ただ、名が判らなくて、尋ね花しようかと、19日付で貼ったら、コメがついて名を教えてもらいました。 (^-^)

ミツバウツギはミツバウツギ科ミツバウツギ属の落葉低木で日本全土に分布し山地で普通に見かける。新芽は山菜として食される。なんてぇありました。(ё。-)

この花、何シーズンも前から撮っていた花なんです。花期は小米空木とほぼ同じです。ただ、小米空木よりずっと地味な花を咲かせます。それに蕾のままで咲かずに終わるのが多いように思います。三年寝ていた、ふー狸です。今年はひと花咲かせましょうかね。 o(^o^o)o(^o^)o(o^o^)o

スミレ/05.22 上日野


22日の第三弾はスミレです。此処は標高800mくらいです。明日は1200m地帯を歩くつもりです。て、早起きできたらですけどね。 (^_-)-☆

立夏を過ぎてから咲き始める此処のスミレです。もう小満過ぎなんで、さすがにボロついてました。ちと可哀想な気もするんですが撮ってきました。(^-^)

こんなのもいたしで8輪くらい見てきました。朴の木で西日が終わっちゃって、絞りを開放してシャッター速度をかせぎ、風が止むのをまってのパチリ。(´ヘ`;)

2017-05-21

苦菜/05.21 箕輪


もう盛夏てな感じで暑かったです。ちゅうても暑くなるとは思ってたんで箕輪(下日野)まで行きました。で、谷を吹き抜ける風を感じながら苦菜(ニガナ)を撮ってました。日があたってれば風で揺れている苦菜も止まって写ります。がね、陰ってるとブレちゃいます。吹いたり止んだりする谷の風。おさまるのを待ちました。 (^-^)

ふんなで、ファインダーを覗きながら揺れがおさまるのを待ってました。たら、風が吹き分けた木の葉の間から陽が射しこんできました。バックライトをあてたような光景です。きれいでした。

だいぶ遅くなっちゃいましたが苦菜です。すでに数カ所で撮っているんですが、今日パチを貼りました。似ている花がいくつかあって分類が面倒な苦菜です。舌状花の枚数だけでなく、茎を抱く葉、なんてぇのもキーワードになってるようです。そんなのを縦貼りしときましただ。


2017-05-20

芹葉飛燕草/05.20 美九里


晴れの暑い日です。目覚めのコーヒがきれちゃってたんでコンビニへ行き、そのまま武蔵国境の神流川へよりました。数年前まではちょくちょく来ていた場所で、ひょっとして、まだ芹葉飛燕草(セリバヒエンソウ)がいるかも、てぇとこでした。大川萵苣、虫取撫子、弱草藤なんてぇ、河原のおなじみさんを見つつ、芹葉飛燕草が群生していた処まで歩き、2株ほど見てきました。それにしても暑かったですだ。 (^-^)

芹葉飛燕草は明治の頃に中国から渡来した外来種で、、、なんてぇのは、名が判れば、簡単に知ることができますが、花名しらべは手間がかかります。(@_@?)

20枚ほど撮った中からお気に入りを横サムネイルにしときました。だいぶ古いですがエリマキトカゲてぇのがいましたっけ。 (^-^) もう一枚貼っときます。

2017-05-19

伊豆母子/05.19 藤岡市


よく晴れて暑い日でした。何年も前から見ているんですが名が判らない木の花があります。11日には咲いてたんですが今日は終っちゃってました。花の時季でないと名は調べずらいですだ。画像検索でもやってみましょうかね。ふんなこって伊豆母子(イズハハコ)です。五月十日付けで投稿した場所で撮ってきました。 (・_・) ん?

綿菜(ワタナ)とか山地黄菊(ヤマジオウギク)なんてぇ呼ばれかたもする伊豆母子です。狸地方だとぽつぽつ見かけます。さっき、環境省RDB2017を検索したら絶滅危惧Ⅱ類(VU)で載ってました。( ̄~ ̄;)

でね、野の花こよみ、をライフワークにしている狸君は、伊豆母子に手を焼いてるようです。て、花盛りの頃が判りずらいんだとか。足繁く通うしかないとか云ってましただ。。。 ヽ(´~`;)


名が判らない花ですが3枚貼りました。”初夏 低木 白い小花”で画像検索してみたんですがハッキリしません。名が判ればいろんなことを知ることができます。尋ね花してみようかな。。。 s(・`ヘ´・;)ゞ

2017-05-18

花独活/05.18 金井


晴れの朝でした。て、14時ごろ目覚めたんですけどね。(^-^) ふんで、顔も洗わずに花独活(ハナウド)を撮りにでました。此処、1週間ほど前に来ています。そのときより花が増えていました。で、青空を背景にして撮れそうな花独活まで歩き、しゃがみこんでパシャリ。貼っときました。縦撮りがよかったかも。。。 (^_-)☆

2017-05-17

野薊/05.17 西平井


目覚めたら曇り、それも鬱陶しい曇り空でした。昨日の桜菫で狸地方のすみれたちを撮り終えました。ちゅうても蝦夷立坪菫とは会えてません。どっか遠出したおりにでも会えればと思ってます。ふんなで今日は西平井で撮ってきた野薊(ノアザミ)です。

世界だと300種、日本だと100種ほどに分類されているアザミたちです。ただ、今の時季に狸地方で咲いているのは野薊だけのようなんで、名など気にせずに撮れる嬉しい花です。もう、2ヵ所で撮ってるんですが、まず、薄桃色をした野薊からと撮りに行ってきました。

こっちが一般的な花色です。で、もう一枚貼っときます。タイムアップしちゃいました。あとで書きます。

2017-05-16

桜菫/05.16 上日野


桜菫(サクラスミレ)、昨日の雨にもめげず凛と咲いてました。でね、尾根伝いを歩くんで、さっさっと10輪ほど撮りました。終りの和田草もいたりで、ゆっくりと撮りたかったんですけどね。

サムネイルは血潮菫(チシオスミレ)です。て、葉に赤斑がはいった桜菫です。短い間に3株に会えました。ここは血潮菫が多いようですだ。

でね、杉の植林地横から尾根へでて桜菫を探しました。曙菫と叡山菫、それと、肥後菫は葉だけ見てきました。桜菫は姿なしでした。来週がラストチャンスと思っとります。最後に尾根下で撮った山躑躅を貼っときますだ。

スミレ/05.16 上日野


明るい朝でした。びしょ濡れのままでは可哀想と桜菫を撮りに行きました。九十九折の急坂路を左に曲がったあたりです。あれ、スミレじゃん。で、路肩いっぱいにクサイナ号を寄せようとしたら、そこにもスミレがいました。しょうがなく轍に戻り少し走って停めました。で、なにも咲いていないことを確かめてから路肩に寄せました。 (^-^)

そうでした、ここにもスミレが咲くんです。ただ、標高が600mほどあるんで立夏を過ぎてから咲きだします。ディジタル的には夏の花になっちゃいますだ。ふんで、時間があったんで距のあたりも撮りました。スミレですね。 (^_= バチッ

路傍と斜面で20輪ほど咲いていました。スミレの自生地は少ない狸地方です。来シーズンが楽しみです。あと、匂立坪菫が咲いてました。曙菫は葉だけで花は消えてました。そうそう、終りの耳菜草がいたんだけど。。。 o(°°)o

2017-05-15

桜菫/05.15 上日野


目覚めて真っ先に天気を確認する休日です。で、今日は曇りで午後からところにより雷雨となってました。5月になれば桜菫(サクラスミレ)に会える狸ん家です。だだ、そこ、ちょっぴりですが遠いんです。時間のある時でないと行けません。それに尾根伝いに歩くんで雨だとつらいんです。ちゅうことで、桜菫に会いに行ったとさ。 (^-^)

平井まで来たら霧雨へと変わりました。ふんでも松葉沢で踊り子草を撮っただけで桜菫の咲く山へと走り続けました。けむるような霧雨は小糠雨へと変わりました。

歩くのは辛すぎます。またにしよう、と、峠まで行き車中でコンビニ弁当を食べました。で、なんか咲いてないかと、動いては止まり、また動いて、とやってたら桜菫に会えました。ただ、中輪咲きで茜菫っぽい花ばかりでした。また行ってみます。 (^ー^* )

2017-05-14

牛繁縷/05.14 向平

ときどき薄日の射す曇り空でした。そろそろ農作業が本格化する狸地方です。バッサリ片づけられる前に田んぼ周りを撮っとこうとパチリにでました。向平にクサイナ号を停め、とことこと歩き始めました。狐薊や綿帽子に変わった蒲公英などが刈られていて、日曜日か、午前中に来るべきだったな、なんて思っていたら、耳菜草が残っていました。で、パシャリしてきたんですが、和蘭耳菜草(オランダミミナグサ)だったようです。しょうがない、時間もないし、和蘭耳菜草でいっちゃいますだ。 (^-^)

5枚貼っときました。 ( ̄^ ̄)

やっぱりやらかしてました。 (。_。;) ゴメンネ
和蘭耳菜草(オランダミミナグサ) → 牛繁縷(ウシハコベ)& 05.13 → 05.14。
花の名前はともかく日付を間違えるとは困ったもんです。05.16 修正。

2017-05-13

立坪菫/04.15 猪田


雨でパチリに行けませんでした。で、昨日の蛍葛を書き直しました。ここは4月15日に猪田の路傍に咲いていた立坪菫(タチツボスミレ)でいきます。蛍葛ブルーにひけをとらない立坪菫ブルーです。でね、画像倉庫があふれちゃうくらい、すみれたちがいます。季節に逆行しちゃいますが、ぽちぽちと貼ってぎますとさ。 (^-^)